ブログ /

ライフスタイル

仕事に役立つ情報や面白いコンテンツをご紹介します。

LINE(ライン)で脈なしかもしれない…と思うわけはナニ?

LINE(ライン)で脈なしかも…と思うような時もあるのではないでしょうか。ラインは便利なツールですが、使い方や受け取り方によっては、相手のことを信頼出来なくなったり、不安に思うようなこともあるのです。

でもそれも愛情から来ていることは多いでしょう。ではどんな時に女性は、ラインで脈なしかもしれないと相手の男性に対して思うのでしょうか。

目次

既読無視をされることが多い

ラインでは「既読」が表示されるため、相手がこちらのメッセージを読んでいる場合には、すぐに分かるものです。でもラインを送るたびに、いつも既読は付くけれど返事が来ない、来てもとても遅いということが続くと、脈なしかもと思うこともありますよね。

でももしかしたら既読はしていても、返す時間が無いだけということもあるのです。既読はなんとかすることが出来ても、返信が出来る余裕が無い場合もあります。既読無視だけで、あまり好かれていないかも…と思うのは、少しもったいないことですから、相手の様子をもっと見てみるようにしたいですね。

未読無視ばかりになっている

ラインを送っているのに、全然読んでいる気配が無い…その理由は、既読のマークが付かないからということもあるのです。せめて既読のマークが付けば、相手が元気で無事ということが分かるのにと思うかもしれません。

でも実際には既読でも、未読に見せることは出来るのです。LINEの画面に2行ほど出てくる文字だけを読むと既読チェックを付けずに大体の内容を読むことが可能です。そして誰からラインが来たのかという事も分かるでしょう。そして、未読無視の場合には相手からブロックをされているという場合もあるのです。ブロックをすると、こちらの画面では未読の状態に見えます。そうなると脈なしと思ってしまう気持ちも出てくるかもしれません。

ラインの返事が短い

こちらが長文のメッセージをしているのに、相手の返事が短いことが続くと、好かれていないのかもしれないと思ってしまうことは多いでしょう。こちらが送った量と同じくらいの量を送ってくれれば安心感も出てくると思います。

でも相手がそれを送ってくれずに「うん」とか「了解」というような一言の返事しかくれない時には、思わず脈なしを疑ってしまうでしょう。でも男性は本来長い文章でやりとりをすることが苦手です。そのため、自然に短いメッセージになってしまうのです。本当に脈なしの場合は返信さえしないこともあるのではないでしょうか。

返事がいつもクール

ラインの返事がいつもクールということになると、なんだかさびしい気持ちになってきますよね。でも文章に温かさを感じさせるのは本来難しいものです。文章力がある男性なら出来るかもしれません。でもほとんどの男性はクールな返事しか出来ないことが多いでしょう。この人はいつもこういう返事の仕方なんだと把握をして、あまり深刻にならない方が良いでしょう。

ハートマークが返ってこない

女性は好きな男性に対してハートマークの絵文字を入れたり、スタンプで愛情が伝わるようなものを送りたいと思うことが多いでしょう。でも男性の場合は、もしもその女性のことが好きでも、ハートマークを入れたり、スタンプで愛情を表現したりすることが照れて出来ないケースが多いのです。

そのため、ハートマークが返ってこなくてもあまり落ち込まずに、相手が照れているだけかもしれないとポジティブに考えてみると良いですね。

まとめ

ラインで脈ありかどうかは、本来は分かりにくいものです。でももしも脈なしかもしれないと思うのなら、一度そのことについて、聞いてみるのも良いですね。

「ラインを送るのは迷惑かな?」というように思い切って聞いてみれば、実はこちらの勘違いだったということも結構あるはずです。

【関連記事】
モテる性格になりたい!そのために出来ることはコレ

社内恋愛で脈ありかもと思う!逃したくない5つの瞬間

バレンタインは本命チョコで告白!成功と失敗を分ける5つのポイント

バイトで恋愛が始まる!きっかけは結構簡単!?

Share