ブログ /

ライフスタイル

仕事に役立つ情報や面白いコンテンツをご紹介します。

あじさいの神秘

6月・7月にかけて梅雨の時期に見られる【アジサイ】
色もきれいで、雨にもよく合う風物詩のようなお花ですよね。

そんなアジサイについて、意外と知らない
あんなことやこんなことをご紹介いたします!

【なぜ “紫陽花”??】

漢字で書くと【紫陽花】。
知らずにみると、なかなか読めない漢字ですが
この漢字になった由来はどういったものなのでしょうか??

【紫陽花】は2つの意味から成り立ったといわれています。
【アジ】は「集まる」からの「あつ」、【サイ】は藍色を示す「真藍(さあい)」を意味していて、
【あつ さあい】が変化していき、【紫陽花】になったと言われています。
また、この字は小さい青いお花の集まりという意味なので、調べてみるとあじさいにピッタリですよね。

【あじさいの花言葉】

あじさいの花言葉は、【移りき】【浮気】【無常】です。
少し怖いイメージやネガティブな意味合いもあるのですが
これは、開花期間中にも色が変化したり、土によっても
色が変化したりすることもあるということからこういった花言葉になったともいわれています。

ただ、ネガティブな意味合いだけでなく【家族】【団らん】【和気あいあい】【高嶺の花】
とポジティブな意味も持っているので、もちろんプレゼントにもOKです♪

また、たくさんのきれいな色があるのが特徴なあじさいですが
色別にも花言葉があるといわれています。

緑:ひたむきな愛・辛抱強い愛情
赤・ピンク:元気な女性・強い愛情
白:寛容・一途な愛情・気の迷い
青・紫:辛抱・清澄・神秘

いろんな意味合いを持つ花言葉ですが、シーン別に選ぶのに
参考にもなりますよね。

【色の変化の仕組み】

一般的に色の変化の仕組みとして、
酸性→「青」
中性→「紫」
アルカリ性→「赤」
に変化すると言われています。

土に卵の殻を砕いて蒔くことによって弱アルカリ性の成分が入り
ピンクや赤のアジサイに変化することも可能です。
自分の好きな色に変化させたり、逆に咲いてみるまでのお楽しみだったり
色の変化を楽しむ事が出来るあじさい。
6月7月の風物詩といってもいいお花ですよね。

いかがでしたでしょうか??
プレゼントにもかわいいあじさいですが
花言葉を知って選んでみると家族に送ったりしても
喜んでもらえそうですね!


Share