ブログ /

ライフスタイル

仕事に役立つ情報や面白いコンテンツをご紹介します。

体臭をいい匂いにしたい!そのための5つの対策

体臭をいい匂いにしたいと思いながらも、どうしたらいいか分からずに不安な気持ちのままでいる…ということはありませんか?体臭というのは、自分で気がつかないことが多いです。

家族や親しい人に言われて、驚いてショックを受けることが結構あると思います。もしそういう場合でも、体臭を気にしなくても済むような自分になることが、きっと出来るはずです。その対策法について、お伝えしていきましょう。

運動をして汗をかくようにしよう

汗自体が臭いの原因だと思い込んでいる人は多いですが、普通の汗は無臭のことがほとんどです。しかし運動不足の人は、普段あまり筋肉を使っていません。そのため筋肉が運動不足に慣れている状態です。

その状態で突然運動をすると、筋肉の中の疲労物質の乳酸がたくさん作られてしまいます。乳酸はアンモニアと相性が良く、両者は一緒に汗に排出されるのです。そうなることで、アンモニアによる体臭が生まれます。つまりは血液中の刺激臭と汗が一緒に出ることになります。

そのため日ごろから有酸素運動を行うように心がけて、基礎代謝を高めるようにすることが理想的です。そうすればサラサラの酸性の汗をかくことが出来るのです。

食生活を見直してみよう

食べ物と体臭は、思ったよりも深い関係があるのです。普段から肉類や脂分の多いもの、そして刺激物などが好きでよく摂取している人は、それが体臭に結び付く可能性が高いです。

野菜などを摂取して、腸内の改善を図ることが必要なのです。脂ものを減らして食物繊維を増やすようにすれば、自然に皮脂の分泌量が変わってきます。そして体臭をいい匂いに変えることが可能になります。

【関連記事】
意外と知らない!?ダイエットの基本と食事メニューを彩る食材

しっかり入浴をしよう

時間が無いため、シャワーだけで済ませている人も多いのではないでしょうか。でも10分だけでも良いので、浴槽に浸かることで汗腺が開いて、汚れや悪い汗が出て行くのです。

体を洗う時には、あまりゴシゴシとこすらないことをお勧めします。こすり過ぎることにより、皮膚組織が破壊されて、臭いを防いでくれる細菌も洗い流すことになります。

ボディソープよりも石鹸を使った方が良い理由は、ボディソープは香料で臭いをごまかすので、臭いが取りきれないことがあるからです。石鹸を泡立てて使用することにより、肌に優しく、必要の無い汚れだけを落とすことが出来るのです。

シャンプーや洗顔は丁寧にしよう

シャンプーで髪を洗う時に、つい雑に洗ってしまう人が多いです。特に朝シャンなどをしている場合には、時間が無いので、どうしても洗い方が雑になりますよね。出来るだけ丁寧に洗髪をするように心がけましょう。髪を洗う時には、蒸れて臭いがたまりやすい後頭部から首にかけて、特に念入りに洗う必要があります。

洗顔についても、丁寧に行うことが必要です。女性の場合クレンジングをしても、メイクがきちんと落ちていないことも、結構あるのです。そうなると毛穴にメイクの汚れが詰まり、そして肌トラブルにもつながってしまいます。顔で言うと、Tゾーンは脂っぽくなりやすいので、特に丁寧に洗うようにしたいですね。

ストレスを溜めないようにしよう

ストレスを溜めることも、体臭に関係があるのです。ストレスは発汗を多くして、臭いの原因になると言われています。でも臭いを気にしすぎることにより、それがストレスになることもありますので、自分に合う臭い対策をするようにしたいですね。

いい匂いになるためには、リラックスをして気持ちを出来るだけポジティブに持つことが必要です。

【関連記事】
接客業のストレスを解消するために!おすすめしたい5つの方法

さいごに

いかがでしたか?体臭をいい匂いにする方法は、他にも色々とあります。普段の生活を少し見直してみるだけで、体臭を気にしなくても良くなりますので、この機会に生活習慣などについて少し考えてみることも良いのではないでしょうか。

Share